一生に一度の大切な愛の誓い|婚約指輪は手作りのものを贈ろう

大切な指輪を作る

リング

スタッフの質もチェック

これから婚約指輪を用意する方は、手作りという選択肢も考慮に入れてみましょう。手作りの指輪と言っても手芸店などでよく見かける銀粘土を焼成して作る物とは異なり、手作りサービスを行っている宝飾店に出向いて、お店のスタッフと相談しながら作り上げていく形になります。材質は通常の婚約指輪と同様のものを選べますし、専門的な技術が必要な作業は専門のスタッフが行います。出来上がった婚約指輪はデザインこそオリジナルですが、既製品にも見劣りしない本格的な指輪になります。主な流れを説明すると、まず婚約指輪をどのようなデザインにするのかを決め、指輪の原型となるワックス(蝋)を削りだしていきます。その原型を元に鋳造し、仕上げを行って受け取る形になります。お店によってどこまでを手作りするかは変わりますが、鋳造はプロでないと難しいためスタッフに任せるのが一般的です。また指輪を金属の棒から打ち出して作る方法もあり、この場合には成形から仕上げまで手作りすることが出来ます。ポイントとして殆どの人が指輪を手作りするのは初めてで、まして婚約指輪という一生ものの指輪を作るわけですから、満足いく指輪を仕上げるにはお店選びが重要になります。お店のサービスはもちろん、直接相対するスタッフにも注目して選びましょう。いくらお店の雰囲気が良くても、スタッフと相性が悪ければ気持ちよく指輪は作れません。お店を探す時にはネットの情報だけでなくメールや電話で問い合わせてみたり、店舗に足を運んでスタッフの接客態度などを見てみましょう。この人なら任せられる、と思えるスタッフに出会えれば指輪作りもはかどります。