一生に一度の大切な愛の誓い|婚約指輪は手作りのものを贈ろう

指輪を作る際のポイント

ハートを持つ人

デザインの参考にする

婚約指輪を手作りすると決めたのはいいけどどんな形にしたらいいか思い浮かばない、そんな場合には既製品の婚約指輪のデザインを参考にしましょう。大まかに形がつかめれば、そこにアレンジを加えて手作りのオリジナルティを出すようにすると効率的です。まず宝石を用いた場合の代表的なスタイルを見ていきます。婚約指輪の定番とも言えるデザインとして、ソリティアと呼ばれるスタイルがあります。シンプルなアームに大きめの宝石を一つだけあしらったもので、宝石の美しさが際立ちます。ソリティアのセンターストーンの周りに、小さな宝石を配したものをサイドストーンといいます。シンプルな中に華やかさがあり、上品で洗練された印象のあるデザインです。指輪のアームに細かい宝石を敷き詰めたデザインもいくつかあり、代表的なものにパヴェやエタニティなどがあります。手作りではなかなか挑戦しにくいデザインですが、ゴージャスな見た目が何よりの魅力です。次にアームのデザインについて見てみましょう。手作りする場合は主にアーム部分を作るので、良く勉強しておくと参考になります。アームの形状として最もシンプルなものは、ストレートといいます。その名の通り金属が輪になっているだけのデザインですが、装飾のしかたやアームの幅でも印象は大きく変わります。一例として、細いものはエレガントに、太いものは華やかなイメージになります。現在主流なのは細いものになっています。その他には、V字やS字ウェーブといったものがあります。V字は主にアームのセンター部分でくの字に曲がったもので、現代的なスタイリッシュなデザインになります。S字やウェーブといったものは、アームが波打つような動きのあるスタイルになります。光の加減によって指が細く見えるという効果もあります。最近ではこうした動きのあるアームのスタイルが、婚約指輪では人気のデザインとなっています。